お金

若い人達に人気のシェアハウス経営に注目|今人気だからこそ始める

安定した収入が入る投資法

マンション

好立地のマンションを選ぶ

不動産投資をするなら投資用マンションを確保する必要があります。なぜ投資用マンションが適しているかというと、戸数が多いので安定した家賃収入が得られるからです。株のように一気に大もうけをすることはできませんが、コツコツと資産形成ができます。そのために不動産投資をするわけです。投資用マンションを探す場合にはいくつかの条件があります。その条件をクリアした投資用マンションなら、必ず資産形成が実現できます。最も大切な条件とは立地です。立地というのは変えることができないので、購入する時にはよく吟味することが大事です。まず駅から徒歩圏内にあること、周囲に買い物に便利な商業施設があること、生活環境が良いことが条件になります。

サラリーマンに適した投資

サラリーマンに適している投資用マンションはワンルームマンションです。これはマンションの一部屋を購入して賃貸として貸し出すという投資法です。なぜサラリーマンに適しているかというと、頭金があれば購入できるからです。頭金が少なくても、ワンルームマンション投資なら銀行が融資してくれます。あとは毎月のローンの支払いをすれば、不動産投資ができるのです。家賃収入をローンの支払いに当てるので、放っておいても資産運用ができます。この点が仕事を持っているサラリーマンに向いているのです。ワンルームマンションは管理の面でも楽なので、初めて投資用マンションを手がける人には適しています。ワンルームマンションは単身者が利用するので、近くに大学や企業がある立地を選びます。